銀行から直接支払える「Bank Pay」が2019年秋に登場!!

2019年4月22日、日本電子決済推進機構は新たなスマートフォン決済サービス「Bank Pay(バンクペイ)」を、2019年秋に開始することを発表いたしました。既存のQRコード決済サービスである「PayPay」や「LINE Pay」と同じように、QRコードやバーコードの表示機能を備えており、QRコードの読み取りにも対応しています。

日本電子決済推進機構は、デビットカードサービス「J-Debit」を運営している団体です。「Bank Pay」は、J-Debitとは別のサービスとして開始されますが、デビットカードのように『銀行口座から即時引き落とし』という機能の面では同じと言えます。

今回はこの「Bank Pay」について解説していきたいと思います。

「Bank Pay」とは?

そもそも「Bank Pay」にはどのような特徴があるのでしょうか。ここでは「Bank Pay」の特徴と、会員となっている金融機関をご紹介したいと思います。

特徴

「Bank Pay」の大きな特徴のひとつとして『銀行口座から直接引き落としできる』という点が挙げられるかと思います。つまりチャージする手間が省け、登録した銀行口座にお金が入っていれば、自動的に決済が可能となるところが特徴です。

もうひとつの特徴は、大手メガバンクや地方銀行など、日本電子決済推進機構に加盟する最大1,000以上の銀行の口座連携に対応する予定というところです。なお対応する金融機関は、今後も拡大予定とのことなので、将来的に国内ほとんどの銀行で使えるようになるでしょう。

「Bank Pay」が使える会員金融機関

日本電子決済推進機構の主な会員金融機関は以下の通りとなります。

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、全国地方銀行協会加盟行、第二地方銀行協会加盟行、全国信用金庫協会加盟金庫、全国信用協同組合連合会加盟組合、労働金庫連合会加盟金庫、農協系統金融機関、その他金融機関など。

「Bank Pay」に加盟するメリット

「Bank Pay」の加盟店になるメリットとしては次のようなものが挙げられます。

  • 新たなシステムや端末を導入する必要がない
  • QRコードを読み込むだけのため、導入コストがかからない
  • ランニングコストも安価
  • 導入時は1つの銀行と契約するだけで、消費者個々に合わせた最大1,000行(予定)のお客様が利用可能
  • 自社のアプリに銀行口座からの支払いメニューを追加でき、自社の会員証機能やポイントサービスとの連携も可能

※「QRコード」ステッカーによるお取り扱いの場合に限ります。

加盟店が「Bank Pay」を利用する流れ

それでは実際に、加盟店が「Bank Pay」を利用する流れはどのようなものとなるのでしょうか。「Bank Pay」は小規模店舗の場合と、中規模・大規模店舗の場合とで利用の流れが異なってきます。

小規模店舗

小規模店舗の場合は、お手持ちのタブレット端末に「Bank Pay 盟店用アプリ」をダウンロードし、QRコードを表示させます。このQRコードを消費者が読み取るだけで決済が可能となっています。

もしタブレット端末を用意できない場合でも「Bank Pay」のQRコードステッカーを設置するだけで決済が可能です。

中規模・大規模店舗

中規模・大規模店舗の場合は、消費者のスマートフォンに表示されたQRコードを、店舗用タブレット端末などの専用端末で読み取るだけで利用が可能です。

また、POSレジのスキャナーで消費者のスマートフォンにQRコードと一緒に表示されるバーコードを読み取るだけで決済が可能となっています。

銀行 Payとの連携も?

「Bank Pay」と似たような取り組みとして、GMOペイメントゲートウェイが提供する決済システムを使って、参加している銀行の口座から直結しての決済や、加盟店の共有などができる「銀行 Pay」があります。

「銀行 Pay」は、各参加銀行がサービスの一部として提供していて、現時点では横浜銀行の「はま Pay」や福岡銀行の「YOKA! Pay」、ゆうちょ銀行の「ゆうちょ Pay」などがあります。

「Bank Pay」では、この「銀行 Pay」との連携を目指しており、決済システムネットワークの共用や加盟店の相互開放、つまりどちらか一方のユーザーなら両方の加盟店で決済できる仕組み作りに向けて検討していくとのことです。

まとめ

今回発表された「Bank Pay」ですが、銀行口座から直接支払えるという点においては、J-Debitと共通しています。面倒なチャージが不要で提携金融機関も多く、普段使っている銀行で申込ができることから、今後利便性はかなり高くなるということが予測されます。

また加盟店となる店舗にも、お店の規模に合わせ配慮されていて、親切なサービス提供になっていると感じました。これから「銀行 Pay」との連携も検討していくということなので、2019年秋のサービス開始に注目が集まるところです。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み