気になるQRコード決済 入金サイクルや返金対応はどうなってる?

PayPayやLINE Payなど、最近は「〇〇ペイ」といったQRコード決済が増えてきています。気になってはいても、良いのか悪いのかわからないというのも本音ではないでしょうか?
特に個人で経営している飲食店や小売店、もしくはこれから開業しようと考えている方などは、QRコード決済を導入していいのか悩んでいる方も多いかと思いますが、今回は意外にわかりづらい「入金サイクル」や「返金対応」について、見ていきたいと思います。

QRコード決済を導入する前に!気にしておきたい「入金サイクル」

簡単にキャッシュレス決済・QRコード決済のお金の流れを説明しますと、顧客が店舗で決済を行った時点で、店舗に売上は入りません。
決済の完了後、決済サービス側が手数料を引いた入金額を店舗に支払うという流れになります。この「決済完了からお店に入金があるまでの待機期間」を入金サイクルと呼びます。
QRコード決済では、顧客から現金をいただく必要がありません。ただし、現金やりとりが発生しないことは、手元に現金がないというリスクにもなりえます。
お店を運営していく上で、現金が必要になることはおおいにあるので、QRコード決済から得た売上を、できるだけ早く現金として受け取れることが理想的だといえます。

任意のテキストを入れたい任意のテキストを入れたい
任意のテキストを入れる任意のテキストを入れる任意のテキストを入れる
2行になるとこのような感じ。任意のテキストを入れる任意のテキストを入れる任意のテキストを入れる任意のテキストを入れる任意のテキストを入れる任意のテキストを入れる
リストは増やせるようにしたい

決済日の翌日に入金があれば、店舗にとっては大きなメリットになります。そこでまずは、QRコード決済サービスの中でも、決済日の翌日に入金可能なものをご紹介したいと思います。

最短翌日には入金可能なQRコード決済サービス

決済日の翌日に入金可能なサービスは、以下表のとおりです。

Pring(プリン) みずほ銀行の場合は翌営業日に自動入金されます。そのほかの金融機関の場合は、月1回締め、もしくは月2回締めの入金となります
楽天ペイ 楽天銀行の場合は翌営業日に自動入金され、振込手数料も無料です。そのほかの金融機関の場合も、入金依頼を行えば翌営業日に入金も可能となります
PayPay 累計決済金額が1万円以上の場合、ジャパンネット銀行なら翌日、そのほかの金融機関の場合も最短翌々日に入金されます
&Pay 申込時に指定したタイミングで入金されます。売上の翌日、または翌月1日です

これまで現金での取り扱い中心だった店舗でも、入金サイクルが短いことで、安心して導入を検討できるのではないでしょうか。ただし金融機関の指定がいずれもあるため、事前に口座を用意をするなど注意は必要です。

自動入金可能なPring(プリン)と楽天ペイは、入金サイクルも早く、申請の手間もないので利便性は高そうです。特に振込手数料が無料だと、無駄なコストを出さずにすむので、うれしいポイントだといえそうです。

多いところは月6回!締め日計算で入金されるQRコード決済サービス

翌日入金可能なサービスをご紹介しましたが、そのほかのQRコード決済サービスでは、締め日の設定がされています。締め日もそれぞれ異なりますので、各サービスの入金サイクルについては以下表にてご紹介します。

Coiney ・手動入金の場合、締め日は月6回(5日・10日・15日・20日・25日・末日締) 締め日から最短10日後に振込依頼が可能となり、振込依頼後1~2営業日で入金となります
例)4月1日に決済した場合の振込依頼可能日⇒4月15日
・自動入金の場合、当月末までの売上が翌月10日に金額確定し、20日に登録口座へ入金されます
Origami Pay 月2回入金されます
1日~15日までの決済は、当月末日に入金16日~末日の決済は、翌月15日に入金
メルペイ 月1回・月2回の入金いずれかを選択できます
月1回の場合、月末締め~翌月10日入金
月2回の場合、1日~15日の決済は当月25日入金、16日~末日の決済は翌月10日入金
ただし入金先口座に「ゆうちょ銀行」指定の場合、さらに2営業日後の入金となります
d払い 月2回入金されます
1日~15日までの決済は、当月末日に入金
16日~末日の決済は、翌月15日に入金
auPAY 月1回(末日締め⇒翌月末日払い)
月2回(15日締め/翌月15日払い、末日締め/翌月末日払い)のいずれかを選択できます
1回の振込額が1万円に満たない場合は、次回の清算に繰り越します。2回連続での繰り越しはありません
LINE Pay 当月末締め、翌月末に入金されます

Coineyは締め日は月6回と多いですが、実際は締め日から10日以降に入金申請が可能となります。締め日が多いことはメリットでもありますが、自動入金ではないので注意は必要です。

そのほかのサービスでは月1回入金、月2回入金いずれかを選択できるところが多いようでした。auPAYは月2回入金を選択できますが、実際は締め日から約1か月後の入金になるようです。

各サービスで、入金日などは細かく違っていますので、店舗の状況に合わせて適切なものを選んだほうがよさそうです。

うっかり間違えたときは大丈夫?QR決済での返金対応について

ときには間違って決済を通してしまい、顧客へ返金対応を行わなければならないこともあるかと思います。そんなとき、QRコード決済での返金対応はどうすればよいでしょうか。

返金方法について公式ホームページ上に記載があったサービスは、以下のとおりです。
 

Origami Pay 店舗側の端末から返金対応ができます
メルペイ 会計後365日以内の取引は、加盟店管理画面から返金対応ができます
&Pay &Payから購入者への返金、金額変更、取消対応は行っていません。加盟店から購入者へは、直接現金で対応する必要があります
楽天ペイ ・楽天アプリの場合
取引日の当日に決済を取り消す場合は、楽天ペイ店舗アプリより取消が行えます。取引日の翌日以降に決済を取り消す場合は、QRコードおよびセルフ決済については、当日に取り消す場合と同様に、楽天ペイ店舗アプリより取消が行えます。バーコードによる決済の場合は、加盟店システム側より取消処理を行う必要があります
・カード決済の場合
決済日当日の場合、楽天ペイ店舗アプリ、加盟店管理画面どちらでも取消可能です。決済日が前日以前の場合は、楽天ペイ店舗アプリから取消可能です
 ・電子マネーの場合
QUICKPay+、iDでの決済を当日中のみ取消可能です。取消にはお客様のカードのタッチが必要になります

Origami Payやメルペイなどは返金処理も端末や管理画面上で行えますが、&Payは返金対応を現金で行うよう案内をしていました。

上記の4サービス以外でも、返金や取消対応について規定はあると思われますので、気になる場合は事前に問い合わせしておいたほうが安心です。
QRコード決済サービス側で返金まで対応してくれるとは限らないので、返金方法も導入前にしっかり確認し、納得できるサービスを選んでいきたいところです。

まとめ

今回は、QRコード決済サービスの入金サイクルと返金方法についてご紹介しました。これまでQRコード決済サービスについて「本当に大丈夫なの?」と不安に思っていた方もいると思いますが、最短翌日には入金可能なところもあるので、入金遅れといったことを懸念されていた方も安心できるものだと言えます。
入金が翌日でないサービスでも、月2回入金、月3回入金と比較的短い入金サイクルのものもあるので、比較検討することで、最適なQRコード決済サービスを選択できると思います。

返金方法については端末や管理画面で行えるものもありますが、ホームページ上では記載のないサービスも多いため、導入前にはしっかり確認をしておいたほうがよさそうです。

QRコード決済導入という集客のチャンスを逃さないためにも、店舗側にとっても安心して使える便利な決済サービスを、ぜひ探してみてください。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み