「PAYGATE Station」は外でもどこでも利用可能なマルチ決済端末だった!

現金以外の決済方法を導入したいけど、なにを導入していいかわからない…こういったお悩みを抱えているオーナー様は多いかと思います。

少し前までであれば、キャッシュレスといえばクレジットカード決済、電子マネー決済がメインであり、この2点を抑えていれば問題ありませんでした。しかし近頃では、QRコード決済が話題を呼び、多種多様な広がりをみせています。
クレジットカード決済や電子マネー決済の方法が増える度に、専用端末や店舗用のQRコードが増えてしまうもの。そこで店舗を経営するオーナー様も、次から次へと増えてしまう端末やQRコードに関するお悩みに応えてくれる端末が登場しました。

株式会社ロイヤルゲートから登場したマルチ決済端末「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」、今回はコチラについて詳しくご紹介していきたいと思います。PAYGATE Stationが気になる…という店舗さまは是非ピピッとチョイスまでお問い合わせください。詳細のご説明が可能です。

内蔵プリンターとSIMカードでどこでも決済が可能

「PAYGATE Station(以下、ペイゲートステーション)」の魅力の一つとして、端末1台でどこでも決済することができるという点があります。その理由は、本体にプリンターとSIMカードが内蔵されているため、持ち運びが自由にでき、場所を選ばずに決済が可能となるのです。

ペイゲートステーションは、Android搭載のオシャレなボディで、SIMだけでなくWi-Fiも利用可能。これにより、どこでも持ち運び可能なマルチ決済端末となっています。

Wi-Fi環境がある場所はもちろん、例えば移動販売やタクシーなど、電波の届くところでもあらゆる決済方法が実現可能です。

またペイゲートステーションの端末は、プリンターが内蔵されているので、読み込み端末のほかにプリンターやタブレットなど、何台も機器を用意する必要もありません。ペイゲート一台で全て完結させることができます。

豊富な決済ブランド

公式サイトより引用

ペイゲートステーションは国内外問わず、豊富なキャッシュレスブランドに対応しています。

利用できるキャッシュレスサービスは、クレジットカードをはじめ、felica系電子マネー、コンタクトレス決済、中国銀聯(チュウゴクギンレン)、QRコード決済などが可能です。

ペイゲートステーションは、クレジットカードの高額なお買い物をされるお客様向けの分割払いも利用可能で、共通ポイントへも対応しています。対応している共通ポイントは「PontaPoint(ポンタポイント)」「dポイント」など、日本国内における主要共通ポイントが並んでいます。

また交通系、流通系電子マネー、QRコード決済・共通ポイントの一部の決済種別に関しては、現在未対応ですがペイゲートステーションに対応できるよう開発が進んでいるとのことです。もし、これらの対応が実現すれば、いよいよペイゲートステーションはキャッシュレス決済を一網打尽にするマルチ決済端末になります。

これにより、2020年に開催される東京オリンピックやパラリンピックに向けたインバウンド対策にも効果的といえます。

安全性と拡張性を持った端末

公式サイトより引用

ペイゲートステーションは、Androidがベースになっているので、拡張性に優れたサービスなことも特徴の一つです。

ペイゲートステーションであれば、新たな決済サービスがでてきた時にマルチ決済端末のアップデートを行うことで、新サービスに順次対応していくことが可能になります。そのため、都度端末を買い直すといった余計なコストを抑えることができます。さらにペイゲートは、セキュリティ対策で最大手のトレンドマイクロ株式会社と提携しており、安全性においても万全の対策が施されています。

ペイゲートステーションの端末には、IoT機器向けのセキュリティソリューションを導入しているため、端末に情報が残らないシステムになっていたりと、店舗側としても安心して利用することができます。

現在のペイゲートステーションは、インターネット経由でのAPIのみ、提供が実現していますが、今後は様々な方法が利用できるようにAPI連携の開発も進んでいます。

PAYGATE Stationのお問い合わせや導入相談はこちらから
コンシェルジュに無料相談する

QRコード決済は7社に対応

近年、キャッシュレス化の促進のための盛り上げ役を担っている決済サービスといえば、やはりQRコード決済と言えるでしょう。現在は非常にブランド数も多くなっているQRコード決済ですが、個別に導入していくとなるとどれから導入するべきかお悩みの方も多いかと思います。

ペイゲートステーションは、国内外含め全7社のQRコード決済サービスに対応しているマルチ決済サービスなので、QRコード決済に関するお悩みを一括で解決してくれます。

利用可能なサービスは下記のとおりです。

楽天ペイ

国内人気ナンバー1と言われている楽天ペイ。QRコード決済で楽天ポイントが貯まるので利用者にとって嬉しいサービスです。

PayPay(ペイペイ)

キャンペーンによりQRコード決済というサービスを世に知らしめたサービスと言えるでしょう。抑えておきたい決済サービスの1つです。

LINE Pay(ラインペイ)

コミュニケーションアプリとして有名なLINEが提供するLINE Pay。利用者にとっての導入ハードルが低いため人気のサービスです。

Origami Pay(オリガミペイ)

国内初のQRコード決済サービスは実はこのOrigami Payなのです。チャージ不要で直接銀行口座から引き落とされるデビットのような形式で、利用しやすいサービスとなっています。

d払い

docomoの携帯電話料金と合算して支払いできるサービスでdポイントが貯まることもあってdocomoユーザーには非常に人気の高い決済種別です。

ALIPAY(アリペイ)

中国系の決済サービスのALIPAY。中国でのQRコード決済におけるシェア率ナンバーワンを誇るサービスです。訪日中国人の大半がこのサービスを利用していると言っても過言ではありません。

WeChat Pay(ウィーチャットペイ)

中国系の決済サービスの一つ、WeChat Pay。ALIPAYと人気を二分するこちらのサービスを導入することで、潜在顧客の中国人の方へアプローチが可能です。

PAYGATE Stationのお問い合わせや導入相談はこちらから
コンシェルジュに無料相談する

まとめ

今回は端末一つで、豊富な決済が可能なペイゲートステーションについてご紹介してきました。

いよいよ来年に迫った東京オリンピックやパラリンピックを前に、インバウンド対策の一つとして必ず備えておきたいのがキャッシュレス端末です。

今後もますます広がりをみせるキャッシュレス決済ブーム。全てのキャッシュレス決済を一括でまとめることができるマルチ決済端末があれば、店舗の会計業務における負担を一気に改善することができるでしょう。

ペイゲートステーション端末のカラーも、白と黒の二種類があるので、お店のイメージにあったものを選んで導入できるのも嬉しいポイントです。これからのキャッシュレス時代、消費者側も店舗側も、スマートにお会計を行えるツールが続々と増えていきそうですね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み