QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!

近年、多くの訪日外国人旅行者が増加するとともに、街中ではクレジットカードや電子マネーなど、現金以外の支払方法が使えるお店を見かけるようになりました。さらに楽天やLINEといった大企業が次々に中国などで一般的になっている『QRコード決済サービス』への参入を発表しています。これまで現金決済が主流だった国内の店舗にとって、今こそQRコード決済を導入するチャンスではないでしょうか。

でもそこで気になるのが導入コスト。今回はQRコード決済導入の概要について説明するとともに、代表的なQRコード決済サービス提供会社の導入コストについてご紹介します。
なお、ピピッとチョイスでは決済導入のご検討中の方をサポートする無料の相談窓口を設置していますので、こちらも宜しければご利用ください。

QRコード決済とは?簡単におさらい

QRコード決済とは、実店舗で買い物をする時にスマホのアプリでQRコードを提示して決済するサービスのことです。PayPayの還元キャンペーンでニュースなどでも大きく取り上げられましたが、最近ではコンビニや家電量販店で「アリペイ(Alipay)」や「WeChat Pay」のロゴを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

QRコード決済はクレジットカード払いと違い、支払時にサインや暗証番号を必要としません。QRコード決済サービスに利用者がクレジットカードを登録したり、現金でチャージしてQRコード決済自体にお金をチャージしておくためです。

店舗が支払い金額を設定したQRコードを作成し、利用者に読み取ってもらったり、利用者が提示したQRコードを店舗の端末で読み込む方法などがあります。利用者は各QRコード決済サービスが設定した割引やポイントなどの特典を受け取ることができます。

QRコード決済サービスに共通で必要なコスト

QRコード決済サービスでの導入時コストとランニングコストは、大体のサービスで共通しています。まずはざっくりと簡単にご説明したいと思います。

導入時にかかる”初期コスト”

QRコード決済を利用する場合はインターネット通信が必要となるため、前提として店舗にはWi-Fiなどのネット通信環境が必要です。またQRコードを表示させたり読み込んだりする端末機器として、タブレットやスマートフォン、あるいは専用端末を用意する必要があります。何を使うかは、サービスによって異なってきますが、例として「iPad端末が1つと、インターネット環境があれば導入が出来る」という感じで考えてもらえれば大丈夫かと思います。

大体のサービスで共通して、入会金は必要がありません。その代わり加盟店になるには審査があり、必ず通るとは限りませんので注意しましょう。

導入後にかかる”ランニングコスト”

加盟店になると決済サービスが導入できますが、ランニングコストとして発生するのは、まずは共通して「決済手数料」があります。

決済手数料とは、お客様が決済(会計)をしたときにかかる費用のことです。
例えば、決済手数料が3%の場合、お客様が10,000円の会計をすると300円の決済手数料が店舗に費用として発生します。

次に「振込手数料」もランニングコストになります。
こちらはサービスによって異なるので、後述でサービス別にご説明したいと思います。

また、稀にですが月額費用がかかるサービスも存在します。こちらは、専用端末がレンタル扱いで、毎月のレンタル料がかかるといった場合です。
あとはインターネット環境を新たに入れたのであれば、毎月のネット回線の利用料などもランニングコストとなるでしょう。

代表的なQRコード決済サービスの導入コスト

それでは、サービスごとにかかるコストを見ていきましょう。サービスによって若干ずつ仕様やコストのかかり方、手数料率が違ってきます。

楽天:楽天ペイ

「楽天ペイ」は、主要6ブランドのクレジットカード決済と主要14ブランド対応の電子マネー決済だけでなく、QRコード決済(楽天ペイアプリ決済)も利用することができます。QRコード決済を使うと、ユーザーには楽天ポイントが付与されるので「楽天ポイントがうちでも使えますよ」とアピールできることが魅力です。

「楽天ペイ」を導入する場合、振込先口座を楽天銀行に指定すると、365日いつでも決済の翌日に自動で入金されます。

楽天銀行以外の金融機関の場合、加盟店専用の画面から売上の入金依頼をする必要があり、振り込み手数料が210円発生します。この場合は、自分で入金依頼をする必要があり、入金が実行されるのは翌営業日です。楽天銀行を使うことで、より使いやすくなるようにできています。

楽天ペイの初期コスト

楽天ペイは加盟店申請に対して、入会金などはありません。QRコード決済のみの導入の場合は初期費用は無料ですが、同時にクレジットカード決済&電子マネー決済を導入する場合にはカードリーダーの購入が必要です。

楽天ペイのランニングコスト

QRコード決済の決済手数料は3.24%に固定されています。クレジットカード決済・電子マネー決済を入れる場合は以下も是非参考にしてください。楽天銀行にすれば売上の振込手数料は無料。その他の銀行の場合は210円がかかります。

>楽天ペイ導入の完全ガイド

>楽天ペイの加盟店申請はこちらから

Origami:Origami Pay

全国のAOKIやLoft、和民などでQRコード決済を利用できるOrigami Payは、中国で最も普及している「アリペイ」にも対応可能なので、日本人だけでなく中国人観光客の決済手段としても導入することができます。Origami Payで支払うといつでも代金の2%が割引されたり、無料引き換えなどのお得なクーポンの配信が比較的頻繁にあるため、利用者にとってはメリットが大きいサービスと言えるでしょう。

Origami Payの初期コスト

Origami Payは加盟店申請に対して、入会金や端末購入などは一切ありません。基本的にスマートフォン、PC、タブレットがあれば導入できますが、「ステッカーQR決済スタンド」を設置して、お客様完結で会計を済ますこともできます。この場合、お店には端末も必要ありません。

Origami Payのランニングコスト

決済手数料は最大3.25%となっています。別途申し込みでAlipayに対応できますが、こちらも最大3.25%です。

LINE:LINE Pay

LINE株式会社が提供する「LINE Pay」は、オンライン決済やLINEユーザー同士の送金や割り勘機能、プリペイド型のプラスチックカードなど、QRコード決済以外にも利用できる機能がたくさんあります。システムはLINEアプリ内で提供されるため、利用者は別途アプリをダウンロードする必要がないことから、全てのLINEユーザーが利用客になる見込みがあります。

店舗用アプリではQRコード決済機能に加え、決済利用者に店舗アカウントを「友だち」として登録することを促したり、登録してくれた人にメッセージやクーポンを送ったりすることができます。売上は当月締め分が翌月末日にあらかじめ指定した銀行口座宛に、振り込まれます。

LINE Pay初期費用

LINE Payは2018年8月から3年間、QRコード決済での決済手数料を無料化することを発表しています。また世界的な普及に向けて独自の決済端末も開発中ですが、価格などの詳しい仕様は今後発表予定とされています。

導入までの流れ

QRコード決済の導入を決めたら、まずはスマートフォンやタブレット、ネット回線などの導入環境を整える必要があります。決済サービスを提供している企業のほとんどは、最初に加盟店申請が必要なため、各社公式サイトから申請をしましょう。申請が受理されれば、申請内容を元に加盟店審査が行われます。審査に通過したら、店舗用システム(アプリなど)にログインして接続設定を行うと、利用できるようになります。

またQRコード決済と同時に、クレジットカード決済なども導入する場合は、サービス提供企業の審査以外に、各社クレジットカードの加盟店審査も必要になります。

まとめ

QRコード決済サービスの概要と導入コストについてご紹介しました。日本におけるQRコード決済サービスはまだ日の浅いサービスですが、参入企業は増加傾向にあり、今後も種類が増えたりサービス内容が充実したりすると思います。導入費用や決済手数料を抑えられるよう、各社がQRコード決済の普及を目指してさまざまな施策を展開し出した今こそ、QRコード決済サービスを導入する“チャンス”と言えるのではないでしょうか。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み